ブログやるならJUGEM
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 2011/1/29~30福祉における「アート」化セミナー(奈良) | main | 3/27(日)かみやまるけっと出店してきました&次回出店予定 >>
自閉症の方のための防災ハンドブック

自閉症の方のための防災ハンドブック

東北地方太平洋沖地震にて、避難されている方の中には
自閉症の方もいらっしゃると思います。

もちろん、他にもいろいろな障害を持たれた方がいらっしゃると思います。

3/18(金)大阪よりSUNFACEさんが来られていました。
SUNFACEさんHPにて
日本自閉症協会発行の防災ハンドブック拝見致しました。
http://www.sunface.or.jp/
(ありがとうございます。)

ご本人・ご家族向けの防災ハンドブックと
支援者向けの防災ハンドブックがあります。

SUNFACEさん、募金活動もされていらっしゃいます。
その様子はこちら。
http://sunvolunteer.jugem.jp/?eid=16



3/11(金)に大きな震災があって
私達もいろんなことを思いました。

少し時間が経って、取り残されている要介護者の方々が
避難しきれず、取り残されていたり

障害を持った方とそのご家族が
集団生活に入れずまたはご遠慮されている様子が
報道されることがありました。
もともと集団生活が得意でない方がいらっしゃいます。
音に敏感な方もいます。
偏食がある方もいると思います。

普通の生活で、周囲の理解と協力があれば
いろいろな支援・手段で
コミュニケーションをとって暮らしていけます。

これは自分達のこと。

日々の中でできることがあれば
協力していこう。






SUNFACE[cafeB.S.C](カフェ・ビスク)さんより
以前よりご注文頂いていたオリジナルカップとシュガーポット
お買い上げ頂きました!
皆でがんばって作ったよ↓
ありがとうございます。

‘器れもん’では、[たたら作り]という作り方で器を製作しています。
女性の利用者の方もがんばってハンドルを回して、粘土をのばします。 

[ハンドルを回す人][板の向きを調整する人]
二人一組での作業です。


粘土の上に被せた布を勢いよくめくっています。


厚紙で作った型紙の通りに切り取られた粘土は
一枚一枚ビニールに挟まれて、一時保存。
そして、丸い石膏型に被せて型起こし。
木べらを使ってはじっこを整えてくれていました。


とんとん。
スッスッ。

この時も、特別伝えてはいなかったのですが、自分で道具を用意して
やってくれている。
職員のしていること、見てるんだなと。

人対人の、ものづくり。


こんな木ぎれも使ってくれてました。


職人のよう。
色付けの工程は、彼女にお任せしています。


濃度は、職員が調節する。
筆が太いと「これは、書けん。」と、教えてくれる。


製作途中のSUNFACE[cafeB.S.C]オリジナルカップ。
納品できましたので、ご紹介。
残りのオーダーも頑張って仕上げて納品できるように
皆さんと頑張りたいです。


手ろくろも、上手にくるくる回して
撥水剤を塗っています。
皆さんの力で、器たちが生まれています。



事態が穏やかに収束し
復興の春となりますよう。






スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://utuwalemon.jugem.jp/trackback/38
TRACKBACK